【マイホームデザイナー】我が家のパース公開!

家を建てる
この記事は約6分で読めます。
スポンサーリンク

わいんです。

 

そういえばブログに書いておりませんでしたが、先月無事にマンションの引き渡しも終わり、仮住まいでの生活がスタートしております。

80m2のマンションから50m2程度のアパートに引っ越したので色々とぎゅうぎゅうな感じですが、その分、新居の広さを感じられると思うので、今からワクワクです(笑)

 

さて、本題ですが、今回は我が家のパースを紹介します!

すみふ作製のパースについて

今思い返すと、契約後はすみふさんから一度もパースをいただいておりません。

釣った魚にエサはやらない主義でしょうか(笑)

ま、それは冗談として、間取りが大詰めでコロコロと変わる時期だからだというのもあるでしょうね。

ということで、インテリアのイメージングも兼ねて、自作でパースを作ってみました。

使用したのはマイホームデザイナーです。

多くの施主様が利用されている超有能なソフトです。

1階

まず我が家の間取りついてのおさらいですが、1Fは以下のような感じです。

延床面積は41坪ですが、1Fだけで27坪です。

30帖超えの広めのLDK、脱衣室⇔洗面室⇔WICの家事動線、玄関の2Way動線がポイントになります。

 

まず玄関に入ると目に入るのが左側壁一面のアクセント壁材

マイホームデザイナーでは再現できませんが、実際には間接照明(コーニス照明)があり、センサーで点灯するプランになっています。

玄関には窓がないのですが、リビングドアにガラスドアのクアドロスリムを採用、そしてドア正面が南向きの掃き出し窓になっているため、ある程度の明るさにはなる・・・はず。

壁材は当初はDAIKENのグラビオエッジを採用予定だったのですが、施工する壁の長さが約4mあり、1820mmが規格幅のグラビオエッジを貼ると繋ぎ目がどうしても気になる感じに…。

ということで、今はエコカラットか、別のタイルで考えています。

エコカラットなら新作のグランクォーツか、ラフクォーツあたりを考えています。

出展:LIXIL

 

で、玄関反対から見たパースがこちら

玄関入って右側にSICがあり、ホールとつながっています。いわゆる2way式。

SIC側は家族用入口として通常利用するらしいですが、うちはおそらく正面側を普段使いすると思います(笑)

一応、ロールカーテンで隠せるようにはする予定です。来客はほぼないと思いますが。

奥の扉はWICに繋がっていて、帰宅動線を工夫しました。

 

ちなみにこのようなご時世ですので、我が家も玄関手洗いを導入することにしました。

左側のトイレと手洗いは共用、サンワカンパニーのカーラを採用予定です。

出展:サンワカンパニー

 

で、リビングに入ります。

正面(南側)は掃き出し窓になり、右手側が吹き抜けになります。

吹き抜けは階段部分合わせて8帖です。木造で耐震3級ならこの辺りが限界らしい。

オープン階段はやはり表側から見た方が見栄えが良いので、間取りを考える際に上る方向は気を付けました。

また、傾斜も緩やかにしました。天井高は標準の2400mmですが、16段上り切りになっています。

オープン階段はカツデンアーキテックのobjeA、床タイルはADVANのエコストーンホワイトを採用します。

 

次にキッチン側から見たパース。

LDKが直線で並んでいる方が広く見えると思ったので、そのような配置に。

土地を探す時もこのLDK配置にできるように、広さだけではなく形状にも気を使っていました。

 

リビング側からキッチン側を見るとこんな感じ。

左手側に嫁用のワークスペース(メイクスペース)、パントリーがあります。

パントリー内に冷蔵庫とゴミ箱を配置するので、パッと見はスッキリです。

キッチンはタカラスタンダードのトレーシアです。

 

階段手前からのパース。

テレビ裏は定番のストーングレース。そしてこれまた定番のコーニス照明との組み合わせ。

2階の吹き抜けに面した壁には天井高までのガラスパネルを採用します。

↓のカツデンアーキテックさんの製品です。

出展:カツデンアーキテック

ドットポイントはデザイン的にあまり好みではないのですが、すみふが取り扱いできる製品が限られていたため、こちらになりました。残念ポイントです。

2階

2階の間取りですが、必要最低限で非常にコンパクトになっています。

2階2部屋なので、我が家は2LDKなのです。

そして何気に主寝室より子供部屋の方が広いです(笑)

 

さて、2階に上がります。

上った先には大きなFIX窓を設置。

我が家の立地的に、ここから富士山が見えるのではないかと思っています。

廊下幅は少し余裕を持たせて1.5マスにしたので、コンパクトなテーブルセットを置いて景色を見ながらコーヒーを飲んだりするのも楽しめそうです。

奥の扉は子供部屋です。

 

反対を振り返ると、ガラスパネル越しに1階の様子が見えます。

ちなみに正面に見えている吹き抜けの壁にライトアップしてアートを飾る予定です。

ライトは寝室手前で消せるようにし、毎日寝る前に通り掛かりで楽しめる仕様です(笑)

 

奥には私のワークスペースと寝室、トイレがあります。

左に写っているのは全館空調の機械室です。

 

ワークスペースから後ろを振り返ると、同じくガラスパネル越しに1Fの様子と外の景色が見られます。

在宅勤務時、サボっていたらバレてしまいますね(笑)

 

子供部屋です。

収納別で7.3帖あるので、ベッド、テレビ、机、本棚を置いてもわりと余裕があります。

女の子なのでモノが増えそうですが…。

 

そして主寝室。

3帖の収納がありますが、こちらは見せる収納。まあまあお金掛かりますが、嫁の希望で。

リビングドアと同じくクアドロスリムを採用予定です。

↓のようなイメージで、フレームを黒、ガラスをグレースモークにする感じです。

出展:サンワカンパニー

マイホームデザイナーはオススメ

今回色々とやってみて、インテリアのイメージがおおよそ固まりました。

我が家は床のタイルをはじめに決めたので、家具、住設、建具の色を床に合わせていった感じです。

メインクロスは少し冒険してグレーにしました(笑)

そして何よりもパース作り面白い!

マイホームデザイナー、めっちゃおすすめです。

 

ランキングサイト参加しています。応援クリックいただけると嬉しいです。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 住まいブログ マイホーム計画中へ 

↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました