タマホームの展示場に行った話

家を建てる
この記事は約2分で読めます。
スポンサーリンク

わいんです。

 

今はアキュラホーム住友不動産の2社で具体的に話が進んでおりますが、そこに至る前に他のメーカーの住宅展示場もいくつか訪問していました。

今回はその1つ、タマホームさんのお話です。

出典:タマホーム

タマホームについて

タマホームは言わずと知れた、ローコストメーカーの代表格と言えるメーカーです。

業界全体の販売戸数においても、ローコストメーカーで唯一トップ10に入っております。

タマホームのモデルハウスに行ってみようと思ったキッカケですが、ネットの口コミ等で「圧倒的なコスパ」と度々目にしたからです。

自称コスパの鬼(笑)としては非常に気になるハウスメーカーで、一番初めにモデルハウスを訪問したと記憶しています。

タマホームのコスパの良さ

タマホームの主力製品は「大安心の家」というシリーズ。

耐震等級3、長期優良住宅、オール電化仕様が標準になっており、それでいて坪単価は50万円程度らしい。

住設もほぼほぼミドルクラスのものを採用しており、スペックだけで言えば大手メーカーとも遜色ない。

たしかにこれはコスパが良いと言わざるを得ない感じです。

ピンとこなかった

上記の通り、コスパが良いというのは事実だと思うんです。

ですが、実際にモデルハウスを見てもピンときませんでした。

何というか、高揚感が全く湧き出て来なかったんです。

他のメーカーのモデルハウスを見た時はほぼほぼ「この家スゲー!」って興奮があるのですが、タマホームではそれが全くなかった。

 

理由は主にデザインにあるのかなと思いました。

落ち着きのあるラグジュアリー感あるデザインが私は好みなのですが、タマホームはいかにもファミリー世帯向けって感じのデザインというか。

別にダサいとか言いたいわけではなく、好みの問題だとは思うんですけどね。

 

モデルハウスって、そのメーカーの最大限の魅力を表現する場だと思うのです。

要は、それがそのハウスメーカーの全力なのではないかと。

オプションでお金を積んでもローコストメーカーの良さがなくなるし、結局自分の好みの感じにはならないんじゃないかなと思いました。

ということで、タマホームで具体的に検討を進めることはしませんでした。

 

ランキングサイト参加しています。応援クリックいただけると嬉しいです。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 住まいブログ マイホーム計画中へ 

↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑

コメント

タイトルとURLをコピーしました