【実験】タイル床は汚れが落ちやすい?

家を建てる
この記事は約4分で読めます。
スポンサーリンク

わいんです。

注文住宅を建てるにあたって、我が家はタイル床を採用したいと思っています。

新しい家に取り入れたいデザインと設備
注文住宅を建てる一番の醍醐味は、デザインや設備、間取りを自由に設計できるというところ。 もちろん、予算次第で現実的に出来ることは限られますが、我が家でも取り入れたいと思っているデザインや設備がありまして、今日はその一部を紹介したいと思...

タイル床は見た目の高級感もさることながら、フローリングと比較して耐久性があり、掃除もしやすい(汚れが落ちやすい)と言われています。

 

で、そんなタイル床なのですが、本当に色々な種類があります。

鏡面のタイルもあれば、ザラザラした石のような質感のタイルもあります。

そこで疑問に思ったのですか、ザラザラしたタイルでも汚れが落ちやすいのか?です。

なんとなく汚れが染み込みそうなイメージがあります…。

そこで、実際に様々なタイルを入手して、実験してみることにしました。

取り寄せたタイル

今回、タイルのサンプルを

の3社から、それぞれ5種類ずつご提供いただきました。

いずれもフロアタイル(樹脂)ではなく、セラミックタイルになります。

 

ここから実験に使用するタイルを厳選します。

色合いとしては大まかに左から、白、グレー、黒系。

質感は、上から順に、ツルツル(鏡面)、サラサラ(ツルツルではないけど凹凸感はない)、ザラザラ(凹凸感がある)で、9種類です。

これがツルツルで、

これがサラサラ

で、これがザラザラ。

早速実験!

家庭内を想定した汚れって色々あると思うのですが、今回は以下の5種類の汚れを選びました。

  • コーヒー
  • 醤油
  • ケチャップ
  • オリーブオイル

早速汚していきます(笑)

写真は白のサラサラタイプになります。

放置時間は、コーヒー、醤油、水が完全に乾くまでとします。

 

大体、室温5時間程度で乾きました。

 

黒系のタイルだと、水の跡も結構目立ちますね。

 

コーヒーとか醤油は完全に水溶性ですので、表面が平滑であれば水拭きなどで容易に落ちると思われますが、ザラザラだと凹凸に染み込んで落ちなくなるのではないか?という懸念なのですが、果たして?

 

まずは、水(冷水)で擦らずに流してみます。

すると…

 

いずれのタイルも、ケチャップ以外は容易に落ちました!

これは意外!

 

問題のケチャップも、ティッシュで拭き取るだけでキレイになりました。

※ちゃんと汚した後の写真です(笑)

 

いやはや、ザラザラタイプのタイルでも何の心配もなかったですね。

 

うちは基本的にLDKは鏡面タイルを採用したいと思っているのですが、洗面所とか脱衣所にも採用するとしたら、鏡面以外のタイルの方が良いのかなと思っています。

鏡面タイルだと、水に濡れると滑りやすくなりますし。

石っぽいタイルも見た目は素敵ですよね。

ただし、サラサラタイプは問題ないとしても、ザラザラタイプは拭き掃除とかが若干しにくいかもしれません(布巾が引っかかる…)。

タイル床の最大のデメリット

タイル床のデメリットはいくつかありますが、皆さんが気にされているのはやっぱり冬の寒さではないでしょうか?

タイルはフローリングと比べて熱伝導率が高いので、タイルの温度が体温より低い場合はひんやりと感じます。

床暖を入れる等の対策はもちろんありますが、どのくらいひんやり感じるのか?気になるところ。

 

今回、タイルを初めて触ってみての感想ですが、暖房を入れている室内前提あれば、私は気にならないレベルかな。フローリングと大差ない。

もちろん、暖房を入れておらず、室温が低い場合は結構ひんやりすると思います(特に鏡面タイル)。

ですが、私は基本的にスリッパを常用しておりますし、見た目の高級感とかメンテナンス性を考えると、やっぱりタイルを採用したいなと。

あとの問題は値段だけです(笑)

 

ランキングサイト参加しています。応援クリックいただけると嬉しいです。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 住まいブログ マイホーム計画中へ 

↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑

コメント

タイトルとURLをコピーしました